その土地の人妻

営業をしている私は、月に数回、遠方に出張に出向く事がある。

出張の際は、その土地の風俗が知りたいので町田デリヘルプレスなどの優良デリヘルサイトを見るようにしています。

出張先の楽しみは、接待でもなく、その土地のものを「味わう」事。

その特産品とは食べ物ではなく、その土地の人妻。

いつも愛用している人妻専門のデリヘルを大いに活用しているのだ。

もちろん、宿泊するシティホテルは名目上、ホテヘルNGだが
実質OKのチェーン店。

ポイントも溜まるし、その溜まったポイントで宿泊しても一泊分の領収書が出るので
それを会社の経費清算にまわせば、お小遣いが稼げるという仕組みになっている。

私が良く行く地方都市で愛用している人妻系デリヘルは、しょっちゅう風俗系求人サイト
から応募者が殺到して、いつも私が出張に行くたびに、魅力的な新人奥様が入店しているのだ。

そのお店のことを知ったのは、優良風俗サイトの渋谷風俗スタイルを見て知る事ができました。

今日もまた、求人サイトから応募して入店初日のグラマー奥様をタイミングよく指名する事ができた。

年齢は31歳の既婚者だが、子供はいないみたいで、そのスタイルは20代の頃から変わっていないらしい。

スリーサイズは

T:153cm/B93cm(F)/W:58cm/H:86cm

Fカップの爆乳が超魅力的で、ただ大きいだけではなく、とても感度がよくて最高だった。

ちなみに、私が出張の時に利用するホテルは、シティホテルなのに、セパレート式になっていて
まさにデリヘルを楽しむために用意されているようなシチュエーションであった。

風呂の中には大きな鏡が設置されていて、二人で風呂場で遊んでいる状態が赤裸々に鏡に
映し出されていた。

私は欲望むき出しの顔で彼女を背中から抱きしめながら、その豊満なバストを揉み解し
しまりのない顔をしているところが、露骨に映っていた。

このような女性の多くが優良風俗求人サイトの熊本風俗求人を見ていることが多いいそうです。

彼女も、仕事とはいえ見知らぬ男性に背中から胸を揉まれ、恥辱感に堪えながらも、体が
反応しているところを見られまいと、必死にこらえているのだが、それが性的興奮度を掻き立てている
ようで、どうしても我慢できなくなり、次第に嫌らしい声を上げ始めた。

石鹸まみれの私達の体は、抱き合いさわりあうたびに、風呂場一面に泡がシャボン玉のように
ふわふわと飛び散っていた。

その幻想的な雰囲気とは裏腹に、私とデリヘル嬢である求人サイトから入店したての人妻は
己の欲望に正直に露骨に、その本性をむき出しのまま、互いの性器を触りあう。

私のペニスもギンギンに勃起していて、その硬さは、これでもかというほど充実していた。

彼女の性器も石鹸の泡と愛液で濡れたくっており、とてつもないヌルヌル感で、エロさ満点であった。

このような女性たちを多く雇っている優良なお店が池袋マリンなどです。

コメントを残す

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031